ピンサロ風俗好きな男性


セフレ募集の女の子

ピンサロとセックス〜援交よりフェラ友〜

一般的に男性はセックス好きな好色だ。性欲が旺盛な男性であればピンサロやソープランドなどの風俗通いも珍しくはないだろう。

ピンサロやデリヘルなどに飽きた男性は、出会い系を利用し、援交相手や割り切り相手、もしくは継続的なセフレになる女性を探すことだろう。

しかし好色が男性の人柄にかかるにしろ、あるいは行動に現れるにしろ、当人にその実感はまるでなく、

いや、さらにいえば原稿料、印税が主な収入となって、3年という小説家がいる。

いまだに小説家の気分が身になじまず、悪気のない官名詐欺の如き、刈りたての頭のように落ち着かぬ居心地らしい。

その家庭調査表とやらの父の職業とある欄に「自由業」と記したら、妻に怒れ狂われたらしい。

だから長女が来年幼稚園で、「自由業なんて肩書は、新聞に投稿するような人しか使わないわよ。少しは考えて書いて頂戴。と」

そういえば、たしかに、投稿欄に自由業、団体役員というのが眼につく。

日頃、新聞など女性週刊誌の見出しだけとたかくくってた妻の、意外な観察力に感心しつつ、ひょっとすると自分も5,6年先には、

「ピースのデザインを表裏同じにしたから、タバコを抜きだす際手間がかかる」

など投稿だけが字を書く明け暮れになりはしないかと、たちまち高い幼稚園の入学金ながめて考え込み、

まさか幼稚園まで全学連は入り込むまい、とするとこの経営は、老後の安定のために有利かもしれぬ、考えの落ち着く先は、先行きの飯のたね。

どうみても、これから二十年ちかく月、二〜三百枚の小説を書き続けるなど不可能なわざで、

ならば、いかにして親子三人六本の箸を休めずにいるか、年の暮れになれば翌年の収入の胸算用して、どうにか夏までもつとわかれば安心し、

そして不思議なことに、年中、老後の暮らしをわが非才と考えあわせてくよくよ心配するくせに、

向かう三か月ほど食べられるとなれば貯金などてんから気にとめず、右から左へ使いきって奥さんの浪費にも文句をいわないのだ。

このような小説家であっても、出会い系を利用しているのです。最近では、出会い系を利用し、熟女・人妻と不倫セックス関係になったそうです。

好色であり、ピンサロや女性との性交渉・セックス・セフレ関係・援交・割り切りと・・・

風俗というと、特にピンサロを好んでいるようで、援交セフレとの関係も合わせ、かなりの散財をしているそうです。



ページ上部へ


Copyright.
ピンサロ風俗好きな男性